ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
7/10クリームチーズと黒こしょう入りフランスパン風
2016年07月19日 (火) | 編集 |
花火のときに持って行ったパンの作り方です。
ほぼ自分用のメモです(笑)
0710P_1511.jpg

パナソニックのサイトに載っていたレシピをアレンジしました。
以前、フランスパンコースで焼いたときのメモが残っていたので、
そのまま使いました。

強力粉 260g
薄力粉 20g
砂糖 5g
塩 4g
水 170cc
ドライイースト 2g
クリームチーズ 55g
黒こしょう 小さじ1

前回は、そのまま焼き上げて食パン型にしましたが、
今回はフランスパン風の成型にもチャンレンジ。
1次発酵までしてくれる、生地コースでスタートです。

0710P_1104.jpg
コネと1次発酵が終わったあと、機械にいれたまま1時間ほど放置。
さらに発酵をすすめます。
半分くらいだった生地が、ケースいっはいにふくらみました。

0710P_1122.jpg
2等分して、丸め直してベンチタイム。
乾燥しないように、ふたをしました。

0710P_1155.jpg
それぞれ成型して、オーブンで2次発酵です。
30度で30分くらいだったかな。
間に、ぬれぶきんを置いておきましたが、あまり意味がなかったかも。
くっつかないように、と思ったんだけどね。

0710P_1229.jpg
2次発酵終了。ちとピンボケ…
切れ目を包丁で入れましたが、あまりうまくできませんでした。
本当は薄いカミソリのようなものでやるそうですが、そんな用意はありません(^_^;)

0710P_1247.jpg
オーブンレンジ、ビストロのフランスパンコースで焼きます。
角皿を2枚入れるように取説に書いてあったので、1本ずつ乗せるのかと思いましたが、
違いました。
下の角皿のみに乗せて焼きます。
焼き色を付けすぎないようにかな。

0710P_1326.jpg
焼き上がりです。
かかった時間は35分くらい。温度は機械におまかせです。
やはりクープ(切り目)は開かず…。素人には無理だったー(笑)
皮がパリパリで、本当にフランスパンのようになりました。
ま、成功かな。

参考にしたのは、オーブンレンジ「ビストロ」のクックブックと、
自分のブログ→http://chiisan0516.blog16.fc2.com/blog-entry-1806.html#more
クックパッドの誰でも簡単♪フランスパン☆HB


いっしょに持って行った「鶏チャーシュー風」についてもメモしておきます。
0710P_1539.jpg

パンも焼くことにしていたので、こちらはなるべく手間がかからないように、
と思い、前からやってみたいと思っていた炊飯器の保温機能で作る方法で作りました。
クックパッドやまとめサイトをいろいろと見て、参考にしました。

夕方、買い物から帰ってきてから下ごしらえ。
鶏ムネ肉2枚の皮をはぎ取り、フォークでブスブスと穴をあけます。
いつもの「紅茶風味煮豚」のたれで漬け込みました。
しょうゆ・砂糖・酒・しょうが・にんにくと紅茶のティーパック2個と肉を
密封できる袋に空気を抜いて入れ、冷蔵庫で保管。
夕飯を食べ始めるタイミングで、炊飯器に入れました。
袋ごと内がまに入れ、ひたひたになるまで熱湯を注ぎます。
保温ボタンをポチッとして放置。
サイトによって違うので、迷いましたが、
1時間から2時間くらいでよかったみたい。
今回は、2時間を超えてしまったかも(^_^;)

炊飯器から出したあとは、袋ごと氷水で冷やし、
粗熱がとれから冷蔵庫に入れます。
急冷させることで、より味をしみこませるためだと思われます。

翌日、持っていく直前に切り分けました。
味はよく沁みていて、おいしかったです。
ちょっと甘さが強い感じだったので、鶏肉の場合は砂糖少な目でいいのかも。
ちょっとパサパサしているところもあったので、
やはり加熱時間は、もうちょっと少なくてよかったのかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック