ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
6/1カラーちぎりパン
2016年06月11日 (土) | 編集 |
小麦粉ねんどを焼いてみた(嘘)
0601chigiri02.jpg

子ども会でやろうと思っている小麦粉ねんど。
本当に食べても大丈夫なように、食紅の青・黄・緑を買ってきました。
どのくらい入れたら、どのくらい色づくのか試してみたかったのですが、
普通にねんどとして作って、捨ててしまうのはもったいないので、
パンにしてみよう、と思ったのです。

ホームベーカリーの小麦パンの生地コースで、取説のバターロールの配合。
強力粉が300gなので、いつもよりは多め。

こねあがって、一次発酵まで終わった状態の生地を取り出し、
今回は8等分に切り分けました。
きっちりとはかりましたよ。
出来上がりの生地が 520gだったので、65gずつ。

そこから、ひとつひとつに色をつけていく作業。
食紅を少量の水にとかしてからのほうがいいのか、
そのまま粉末で練りこんだほうがいいのか、
こね方も、いろいろとやってみましたが、
パン生地になってしまったところに練りこむのは、
かなり大変だ、ということがわかりました。

BBQのときに作ったときには、薄力粉だったし、
量も少なかったからか、もっと簡単に色が均一になったんですよね。
かなりの時間と労力を要しました(^_^;)

結局、食紅に添付されていた小さな匙3杯分を入れると、こんな感じの色つき。
ねんどとしては、このくらいは色が出てないとねぇ。
食べ物と思うと、かなりびっくりだけど…。
特に青は、食べ物とは思えない(笑)
0601chigiri01.jpg

だんだんと疲れてきて、青色の練りこみは、ためしにホームベーカリーにやってもらった。
パンケースに戻して、「ねり」の工程をやってもらうのだ。
途中で止めるやり方を忘れてしまって、むりやり取り出したりしたけれど、
「取り消しボタン」を長押しすれば止まるんだった。
あー、この方法に早く気付くんだった。

一次発酵が終わったあとに、かなりこねてしまったので、
ちゃんとパンになるか心配だったけれど、
色付けをしたあとに、夕飯の準備の関係でオーブンレンジが使えなかったので、
型(グラタン用の大皿)にセットした状態で1時間以上放置。(ぬれぶきんを上にかぶせておきました)
ベンチタイムになって、ちょうどよかったかもね。
そこそこ室温も高めだったので、二次発酵もはじまってた感じ。

夕食を食べながら、オーブンレンジで二次発酵を30分。
せっかく色をつけたので、焼き色をあまりつけたくないかな、と焼き温度は低めで。
160度で10分・150度で18分 の予定が
最初の10分が18分くらいになってしまったけど…(^_^;)

ということで、ちゃんとパンとして焼き上がりました〜
焼きあがっても、かなりの衝撃なカラーリングですな。
子供たちにも、ウケましたわ。
娘には「アメリカのお菓子みたいだね」と言われました…

あ、茶色はココアで着色しました。小さじ1くらい。


コーラス帰りのランチ。
ちょっと、もやもやすることがあって、
このままでは帰りたくない、おしゃべりしたい、と
めずらしくお昼を食べてきてしまいました。
0601lunch.jpg
「鶏から揚げ定食」だったかな。
お昼から、かなりのボリュームだけど、朝ごはんを食べ忘れたので、「ま、いいかー」
いやいや、だめだろー。 今後は引き締めていこー。

きょうの定休日は、かなりの充実ぶりで、
我ながら、よくがんばったとほめてやりたい(笑)

朝、ガーデニング作業。
コーラスに行って、ランチして、買い物して帰宅。
テレビを見ながら、ネットでちぎりパンのレシピを調べる。
とりあえず、生地をこね始める。
6時ころから、色付けと成型開始。
夕飯の用意、生協の荷物搬入。
夕飯を食べながら、パンの発酵→焼き上げ。

食後、パンが焼きあがって取り出したあとは、もうパタンキュー。
腰もひざも限界だよぉー。

きのうは曇っていて見えなかった火星(スーパーマーズ)。
今夜は、しっかりと見えました。
たしかに、赤くて大きく見える気がします。
たしか、マーズは戦いの星。
気持ちがザワザワしているのは、火星のせいでしょうか…

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック