ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
1/1年越しと新年会
2016年01月12日 (火) | 編集 |
0101sinnen.jpg
夕方から妹宅で新年会。
作ったおせちを持って行きました。
(真ん中のお煮しめときんとん・酢ばす)
一番手前の塩豚も。妹作の煮豚といっしょに盛り付け。
弟のお嫁さんが、このあと炒めものをつくってくれました。
温かいものって、お正月にはうれしいよね。

おせちは、大晦日の夕飯までには煮上がったのですが、
すでにヘトヘトだったので、ゴロゴロしながら紅白を見てしまい、
それでも、寝落ちはせずにがんばって聖子ちゃんまでみましたよ。

紅白のあとはジャニーズでカウントダウン。
あわてて、カップそばをつくって、みんなで食べました。
娘が買ってきてくれた天ぷら盛り合わせも食べたら、
夜中なのに、おなかいっぱい。ふぅ

ねむくてねむくて。でも、やっておかないと朝が大変、と思って、
2時か3時くらいから、お重に詰め始めました。
新年会にもっていくのも、いっしょに詰めてしまいました。
ふぅ。

そんなこんなで、ベッドに入ったのは、4時近かったかも(^_^;)
息子と娘は、朝早く出かけることになっていたのだけど、
私は起きられず。
自分たちで起きて行ったので、よかった。

パパとふたりで、のんびりとねぼうして、
お雑煮とおせちで朝ごはん。
お昼すぎに帰ってきた娘といっしょに妹宅へ。
あとから息子も合流しました。

新年会は、楽しすぎて、飲みすぎました。
すみませんでした。 (^_^;)

塩豚の作り方のメモをつづきで。


高校時代の同級生から教えてもらったレシピを参考にしました。
なにかの雑誌に載っていたものらしい。

1.水500ccを鍋に入れ、塩50g・砂糖25g・ハーブなどを加えて沸騰させる。
沸騰したら、火を止め、そのまま冷ましておく。
教えてもらったレシピでは八角と桂皮でしたが、
今回はローズヒップのティーバッグ(1リットル用)を使いました。

2.豚もも肉500gのブロックにフォークを突き刺し、染み込みやすくする。
今回は、ももと肩ロースにしました。

3.①の液が冷めたら、肉といっしょに密閉容器に入れ、1週間ほど冷蔵庫で寝かせる。
ときどき、ひっくりかえす。
今回は、25日から漬け込んだので6日間でした。

4.ゆでる前に、薄い塩水につけて3時間ほど塩抜きをする。
今回は、ひたひたの水に大さじ1くらいの塩を入れました。もう少し薄くてもよかったかも。
30日の夜から塩抜きしたので、一晩くらいはつけてました。

5.鍋に1リットルの水と青ネギ・しょうが3~4切れを入れて、豚肉をゆでる。
ゆですぎないように注意。
今回は1時間半くらい、ゆでました。が、1時間くらいでよかったかも。
出来上がりが、ちょっと固かったので。

出来上がりの色が、ちょっと赤いのはローズヒップの色がついたのかな。
味や香りは、あんまり感じませんでした。
塩気も、かなり強く感じたので、塩抜きが足りなかったのかしら。
去年のローリエのほうが、おいしかった気がするな…

煮汁は、おせち作りで出た野菜のきれはしなどといっしょに炊き込みごはんに使いました。゛
肉類は入れませんでしたが、おいしく炊けました。こんにゃくがいい感じでしたよ。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック