ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
12/10萩尾望都原画展@銀座
2015年12月23日 (水) | 編集 |
1210_01moto.jpg
夕方から六本木に行くことになったので、
ついでに、銀座で行われている 「萩尾望都原画展」に行ってきました。
マイミクさんがつぶやいていたので。
参考⇒http://www.span-art.co.jp/exhibition/201512hagiomoto_final.html

六本木には6時くらいには着きたい。その前に軽く夕飯を食べるとして、
銀座のイルミが5時に点灯したら六本木に向かおう、と逆算して、
3時すぎくらいに自宅を出発。
子供たちの夕飯は、またカレーさ(^_^;)

銀座1丁目駅は、あまり人がいなくてびっくり。
出口を1つ間違えて、ちょっとウロウロしたけれど、なんとか見つけた。

こじんまりとした画廊?のようなところで、展示数はそんなに多くはなかったけれど、
色付きのものが多く、初期のころのものも多く興味深かったです。
「トーマの心臓」の生原稿、ネームが黄色く変色していたり、ときの流れを感じました。
とても細かい技にびっくり。
今はデジタルでやるんだろうけれど、当時の色つけなど、
手書きの筆の運びなども感じられて、感動したな。
何十年たっても、ほとんど絵が変わらないのもすごい。

原画展を見終えたところで、ちょうど5時だったのだけど、
銀座の大通り?イルミはちゃんと調べてなくて、ウロウロすると迷うので、
プランタン銀座からミキモトに行ってみて、そこから有楽町駅まで歩いてみました。
ミキモトは大きなツリーはやめてしまったそうで、
今年はペーパークラフトとプロジェクションマッピングのショーウィンドウとのこと。
撮影はむずかしそうなので、撮らなかったけれど、
ストーリーになっているそうです。
ゆっくりと見たかったけれど、次の予定もあるし、
あまりに人がいないので… (^_^;)
参考⇒http://www.mikimoto.com/jp/about-us/precious_moments.html

有楽町駅前のイルミも、思ったよりもいまいちで、あまりよく撮れなかった。
ここらへんなら、マックとかもあったのになー。

地下鉄で六本木一丁目駅へ。
マップでみると、ここにもマックやケンタッキーがあるはずなのに、
全然、それらしきものが見当たらない。
ステキなビルの中のお店は、ちょっとひとりでは入りづらい。
また迷ってギリギリになると困るので、とりあえず先に目的地に行ってみることにしました。

駅を出ると、人がいなくてびっくりしたけれど、
同じ目的らしき人について行ったら、なんとか到着(笑)
迷わなくてよかった。

食べられそうなお店をさがしてみたけれど、スタバやサブウェイはハードル高そう。
自由に使える外のテーブルと椅子があったので、パンを買って食べることに。
でも、おいしそうー、と思って買おうとした小さなパンが450円もしてびっくり。
ミニピザとミニ白パンで我慢しました。
1210_04pan.jpg


銀の船と青い海 [ 萩尾望都 ]

銀の船と青い海 [ 萩尾望都 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

銀の船と青い海 [ 萩尾望都 ]

銀の船と青い海 [ 萩尾望都 ]
価格:896円(税込、送料込)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック