ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
【モラタメ】三ツ星食感 4種4点セット
2015年03月01日 (日) | 編集 |
ひさしぶりにモラタメが当たった。
ハウスの「三ツ星食感」の新商品らしい。

0219mora01.jpg

4種類の中で、一番つくりたかった&食べてみたかった
「衣カリカリ・タンドリーチキン」を作ってみたよ。

0221mora_tan01.jpg
袋をあけると、小袋はひとつ。
「カリカリになる粉」とのこと。
一口大に切った鶏もも肉と、これをビニール袋に入れてフリフリし、
衣をつけたら、5分ほどなじませます。
付かずに残った粉を、ぎゅっと押し付けるように肉にくっつけながら、
熱したフライパンに乗せていきます。
カリカリの元が、うまくくっつけると出来上がりの食感につながるのですな。
最初は、鶏肉に火がとおるようにふたをして焼きますが、
後半はふたを取るように指定させれているのは、
食感をカリッとさせるためなんでしょうね。
特に説明には書いてなかったけれど、余分に出てきた油はペーパーで拭き取りましたよ。
カロリーダウンのためにもね(*^^)v

0221mora_tan02.jpg
出来上がり~。ちょっと焦げたけど…(^_^;)
つけあわせは、ポテトのソテーです。

これ、おいしいですっ!!
衣のカリカリもいい感じですっ。
ところどころピリッとした辛味もあるし、本格的なお味。
食べるところによって、味にムラがあるのは、
粉のつけ方が均一でなかったせいかな。
そもそも、タンドリーチキンって自分ではちゃんと作れない気がするのよね。
本格的な香辛料を揃えないといけなそう。
だから、タンドリー風なら作ったことあるけど…

子供たちにも好評だったので、これは購入して、
また作ってみたいな。

続きで「きゃべつシャキシャキ・鶏塩キャベツ」を作った様子。


実は、タンドリーチキンよりも先に「鶏塩キャベツ」を試してみましたよ。
キャベツがシャキシャキに炒まるのがウリだそうだ。

0219mora02_kya01.jpg
袋をあけてみると、シャキシャキに仕上がる、という特製香味油と
うま塩の調味料の袋が入ってました。
材料は、鶏もも肉300gとキャベツ200g。 指定どおりに用意しました。
でも、鶏皮が苦手な娘のために、それは取り除きましたけどね。

手順としては、最初にシャキシャキ油でキャベツを炒めたら、
次に鶏肉を焼いて火を通し、キャベツを戻して一緒に炒め合わせたら、
うま塩調味料を加える。
という、とても簡単な手順。

いつも私が、野菜炒めなどを作るときには、
どうしても、火を通しすぎてしまうことが多く、
野菜がシャキシャキにできたことなんて、ほぼありません(^_^;)
今回も、普通の人よりもきっと炒めすぎてしまったと思うのだけど、
不思議とキャベツのシャキシャキ感が残っていたのですよね。

0219mora03_kya02.jpg
うま塩調味料を入れたあと、ちょっと味見したときは、
かなり、しょっぱいなあ、と思ったけれど、
夕食時にお肉と一緒に食べたら、ちょうどいい感じでした。
いろんな味があわさった、独特のおいしさがあって、
たしかに家庭の調味料での再現はむずかしいかもね。
ちなみに写真は、できあがりの2/3くらいの量です。
帰りの遅い息子のためにとりわけたから。
いろどりで、人参や青菜をいれてもいいかもね。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック