ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
9/17ゴマの木と生姜の甘酢漬け
2014年09月20日 (土) | 編集 |
0827goma01.jpg

8月のおわり、生協で頼んでいる「野菜ボックス」のおまけに
『ごまの木』がついてきた。
説明書のようなものがついてきて、
自分で乾かして、収穫?して、炒ってみよう。とな…

0827goma02.jpg
たしかに、ゴマってこんな風になっていて、
こんな実の中になるのねぇ、と実際に見られるのは貴重だよね。
流通しているゴマのほとんどが輸入ものだ、と言われれば、
国産は貴重だ、とも思う。
でも普段、スーバーで「いりごま」になっているのを買ってきている身からしたら、
チョー面倒(笑)
ま、これもいい経験だと思って、説明書のとおりにやってみることにします。

0827goma03.jpg
1段階は、葉などをとって乾燥させる。
新聞紙の上などで、とのことだけど、
散らばりにくいように紙袋に入れてみました。
緑色のサヤ?が、どんな風になるのか、しばらく観察してみたいと思います。
どのくらいのゴマが採れるのでしょうか。

つづきは追記で


0917goma01.jpg
で、3週間たったら、かなり枯れた感じになってきました。
説明書には「茶色くなったら逆さにして振ると、ぱらぱらと落ちてくる」
と書いてあったので、逆さにしながら袋の中で降ってみました。
最初に袋に入れるときから、逆さにしておけばよかったよ(^_^;)
でも本当に、ぱらぱらぱらぱらと落ちるので、ちょっとうれしい。
そしたら、黒ゴマが出てきてびっくり。
(自分では、白ごましか買わないので)
品種の違いだそうです。
まだ残っているかな、と手でサヤをひらいたら、
白いものが出てきて、これは未熟なのかもしれません。

「ゴミを取り除いて保管」と書いてあるけれど、
細かいゴミを取り除くのが、とっても大変。
炒るときに、燃えちゃうかなあ(^_^;)

0917goma02.jpg
でも、思ったよりもたくさん採れた。
なにに使おうかな。

9/6に漬けた生姜の甘酢漬けです。その日の記事はこちら
0915shoga.jpg
だんだんと赤く色がついてきて、とてもキレイ。
パパに味見してもらったら、「おいしい」と言われたので、よかったです。
お酒がすすんでしまう、とのことで、私も小さなのを食べてみましたが、
やっぱりダメだ。
辛みは、かなり少なめにはなっているけれど、このままでは無理~(^_^;)。

で、炒めものに刻んで、いっしょに炒めたり、
生姜焼きをするときに、これをすりおろして下味に使ったりしてみました。
炒めものに入れると、かなりの存在感でした。おいしかった。
すりおろして下味は、あまり感じなかったかも。
すりおろしたものも、いっしょに焼けばよかったのかな。
つけ汁も、なにか利用法はないか考えてみよう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック