FC2ブログ
ベランダの花とテレビと手作りと、ときどきディズニー
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
11/13初シンゴジラ
2017年11月14日 (火) | 編集 |

地上波初のシンゴジラを見ました。
映画館で見てきた息子の助言で、字幕オンにしておいたので、
全員の早口に、なんとかついていけました(^_^;)
いやー、何言っているか、わからんよ。

ネタバレぎみなので追記につづく


[READ MORE...]
スポンサーサイト

10/30最近観た映画(WOWOWで)
2017年10月31日 (火) | 編集 |
先週も今週も日曜日に台風だったので、
おうちに引きこもってWOWOWなどを見てました。
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「土竜の唄、香港狂奏曲」
いいなあ、と思ったのでメモメモ。


「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
福士颯汰くんと小松菜奈ちゃん主演のラブストーリー。
タイトルが、どういう意味なのか知りたかったし、福士くんも好きだから。
ラブストーリーは、見ていて恥ずかしくなるので、
映画館の暗いところで見るのがいいのかもね。
ふたりの初々しいラブラブが、かわいくて「うふふ…」と楽しく見れました。
が、タイトルの謎解きは、「ほー、そういうことか」と納得できたし、
ふたりの運命に感動したけれど、ちょっとせつない。
現実には、ありえないよなー。
原作者の発想には、びっくり。

福士くんもよかったけれど、小松菜奈ちゃんもとってもよかった。
テレビではバラエティのイメージだけど、
なかなかステキな表情をしていたので、女優もがんばってほしいな。

つづく


[READ MORE...]
【韓流】BS11「魔王」
2016年10月26日 (水) | 編集 |
ひさしぶりに韓流ドラマのねた(^_^;)
一時期の熱は冷めたものの、お気に入りの人が出演するものは、
一応チェックして、そこそこ楽しんでおります。
日本とは違う、激しい感情表現にはびっくりですが、
つい、はまってしまうのです。



BS11「魔王」
韓国では、2007年に放送された作品。
日本でも、BSで何度も放送されたし、
大野智くんと生田斗真くんのダブル主演で、TBSでリメイクされた作品。


「宮」で皇太子役だったチュ・ジフンくんが、主人公のひとりだったので、
注目していて、放送のたびにがんばって見ようとしていたのだけど、
なかなか、ちゃんと見られなくて…。
もろろん録画したりして、一応は最後まで見たんだよね。
でも、録画のタイミングで、ストーリーの順番には見れていなくて、
そのうちに、日本でもリメイクされ、
地上波で日本版の再放送、BSで本家を放送、ということもあったりして、
かなり、それで混乱してしまった感じなのよね。

で、どこかに録画したものをダビングしたDVDがあるはずなんだけど、
パソコンにも保存してあるんだけど、なかなか見る時間がなくて…
という状態が続いていたのです。

それが、ここへきて、数年ぶりのBSでの放送。
お手軽価格のDVDが発売されるからかなー(^_^;)


[READ MORE...]
7/27「コンフェッション~友の告白」
2016年08月04日 (木) | 編集 |
定休日でしたが。朝から体調がいまいちで起きられず、
コーラスもさぼり。
そんなこんなでゴロゴロと過ごしてしまいました。

せめて録画分の消化をしようと、WOWOWで放送された
韓流映画「コンフェッション~友の告白」を見ました。
「宮」の王子様役だったチュ・ジフンくん出演の2014年制作の映画。

暗い話でした。悲しい話でした。
こんな汚いジフンくんは見たくないよー、と悲しくなりました。
でも熱演でした。鬼気迫る演技でした。
王子さまは、もう卒業ですね。
すごくうまくなりましたね。
もう、おじさんの年齢ですから、ステップアップして、
演技派で、ますます活躍してほしいです。

ストーリーもよかったです。
きっかけの事件は、「ありえないよー」と思いましたが、
主人公の3人の演技に引き込まれてしまいます。
情けないなあ、と思いながらも、最後は泣いちゃいました。
悪気はなかったのになー、悪いほうに転がってしまうことってあるよなー。
友情は固いけれど、一瞬の疑心にとりつかれると、
それは、感じたほうも、感じさせてしまったほうも、ずっとずっと苦しい。
意外な結末で、さらにどよーんとしてしまいました…



TDSザ・ベスト、コンプリートBOX「ノーカット版」
2016年08月03日 (水) | 編集 |
東京ディズニーシー ザ・ベスト コンプリートBOX「ノーカット版」が届きました。
0724TDS_dvd.jpg
楽天で購入。少し前に届きました。
まあと「夏」と「冬」を鑑賞。
「秋」は仕事から帰るとみていたので途中から。

今回の映像はノーカットが売りなんだけど、
「オーバー・ザ・ウェイブ」 の
デイジーのファッションディレクターの部分が、まるまるざっくりとカットされててびっくり。
その前後の肝心なセリフが抜けていたりして、かなりずっこける。
権利上の問題があるみたい。うーむ、残念。
それにしても、もうちょっと違和感のない編集にしてくれたらいいのに。

でも、これはたくさん見たから、懐かしかった。
5周年記念クルーズなので、10年も前なんだねー。
ミッキーの最後の「ママの分っ」のセリフは、今でもうるうるする。(*^_^*)



その他の感想はつづきで。


[READ MORE...]
「グーグーだって猫である」のコミックとドラマ
2016年07月26日 (火) | 編集 |
以前、品切れで買えなかった「グーグーだって猫である」最終巻を
ポチッとな、してしまいました。
0701gugu.jpg

WOWOWでドラマ化されて、私と同じように「ほしい」という人が多かったのかもね。
で、先月からシーズン2が放送開始。
マンガとは、まったくちがうストーリーだけど、ところどころにエピソードが入ったりするので、
読み返していたんだよね。で、ふと検索してみたら、楽天でもアマゾンでも、セブンでも売ってた。
ポイントがたまっていた楽天で買ったので、数10円で3日後には届いた。便利な世の中だ。

マンガ家、大島弓子さんの猫との生活が描かれているわけですが、
5・6巻になると、ひたすらお庭にくるノラネコたちの出産と育児と保護・里親さがしの連続。
そして避妊去勢手術作戦。
最後は、大震災が出てきて、グーグーとのお別れ。
泣いたよ…

最初のねこ(サバ)の死のあと、2代目グーグーをむかえ、
自身の闘病も経験しながらも、増えていく猫たち。
庭にくるノラたちの動向。
生きとし生きるもの、永遠につづく生と死。
それがテーマだったのかな、とぼんやり思った。



つづきは、ドラマ「グーグーだって猫である2」のあらすじと感想です。


[READ MORE...]
3/6WOWOW「デビクロくんの恋と魔法」
2016年03月21日 (月) | 編集 |
寝坊してしまったので、ひきこもりな日曜日。
で、録画分の消化。
連続ドラマは見る気にならなかったので、映画にしました。
娘もいたので、日本の作品にしてみた。


おととし?のクリスマスに公開された嵐の相葉くん主演の
「MIRACLE~デビクロくんの恋と魔法」です。

ヒロインは榮倉奈々ちゃんとハン・ヒョジュさん。
生田斗真くんがライバル役?
私おしの斗真くんが、ちょっと嫌な役だったのが残念。
でも、こういうのもできる斗真くんはすごいでしょー(笑)
(追記はネタバレありです)


[READ MORE...]